専門留学Q&A


Q: 永住権申請に有利なコース、学校は実際どのようなコースでしょうか?
A:

長期で人材が不足している、という意味から長期技能不足リスト(Long Term Skill Shortage List)に載っている職種およびコースが有利と言われています。 しかし、永住権申請に関しては、個々の職歴や技術も大きく関係しますし、現時点で上記リストに入っていても予告なしに外されることも多々ありますので、このリストのみを基準にコースや職種を選ぶのは少々危険かもしれません。


Q: 語学学校や大学準備コースなどには行かず、大学に直接入学するのは可能でしょうか?
A:

大学入学申し込みの際に基準の英語力、そのコースの入学基準をクリアしていれば可能です。


Q: ポリテクニックでもBachelor's Degreeを取得できるようですが、ポリテクニックのBachelor's Degreeと大卒のBachelor's Degreeは同じ扱いなのでしょうか。 ポリテクニック卒業のBachelor's DegreeはNZ以外でも大卒の学士号と同等ですか?
A:

ニュージーランドでは、ポリテクニックのBachelor Degreeでも、大学のBachelor Degreeでも同等の扱いです。 外国の資格は相手の機関(例えば日本の企業や大学)によっても見方が違いますので、『ポリテクニックのBachelor Degreeがニュージーランド以外の大学の学士号と同等かどうか』というご質問には一概にお答えできません。 (日本では大学=Universityという感覚があるので、ポリテクニックでBachelor Degreeを取得したと言っても 学士号とみなされないこともある、とポリテクニックのスタッフが言っておりました)


Q: 学生ビザは学費を納めた期間分しか発行されないようですが、通常1年ごとに学生ビザを更新するのですか? そうなると毎年学生ビザ申請費用が発生し、健康診断を提出するのでしょうか?
A:

例えば3年コースの場合、多くの方が1年ごとに学費をお支払いされますので、ビザが切れる前に次の学生ビザを申請、ということになります。 ビザ申請料はそのたびにお支払いすることになります。健康診断(レントゲン)は必要に応じて提出です。