2017年02月 トークライブ 【Less is More 〜NZに学ぶ。今、日本人に求められる生き方・働き方とは?〜】

富松卓哉×寺西尚樹 トークライブ

【Less is More 〜NZに学ぶ。今、日本人に求められる生き方・働き方とは?〜】

 

フォトギャラリー

 
 
 
 
 

 

 
 

■トークショー話者

【富松卓哉】
- フリーランス・フォトグラファー
- 日本とNZを繋ぐ「スウィートアズ」代表
 
大卒後、三井ホーム・IBMと大手企業に勤めるも、会社に従事するだけの「生き方・働き方」に疑問を抱き、体調不良をきっかけに退職。退職後、憧れていた世界一周を夢見て、1カ国目にニュージーランドへ。数カ月の滞在予定が、NZの大自然やライフスタイルに魅了され、結局1年4ヶ月間滞在。帰国後「会社や組織に依存せず、自分らしく生きる」をモットーに、29歳で複数の事業を開始。現在は総動員数1,000人を目指して、NZ写真展&トークライブ【Less is More -より少なく より豊かに-】を日本全国にて開催中。
 
 
 
【寺西尚樹】
-元バックパッカー
-元雑誌記者、媒体編集者 
-Downtown Desk Ltd代表
 
35年前、大卒後すぐサラリーマンになる勇気も度胸もなく、たまたま知った初期のワーキングホリデーでオーストラリアへ。帰国後、日本で雑誌記者、PR会社でサラリーマン生活。結婚退職後は夫婦で北米・アジア・オセアニア等をヒッピー的に旅する。その後オーストラリア移住、現地最大の日本語新聞に従事。やがてNZ永住権を取得し、NZ初の本格日本語媒体『月刊NZ』の創刊に携わる。『生き方は人それぞれ、百通りだってある』がモットーの1つ。不安に苛まれ挑戦できないでいる日本人に『より自由で柔軟な自分』を追求してもらうため、ブログ発信や留学代理店でのトークショーのほか過去3年で30回以上のセミナーを精力的にこなす。
 
 
 
 

 

当社へのセミナー開催依頼・イベント開催依頼、メディア問合せは下記よりご連絡ください

お問い合わせ