2016年08月 NZ移住留学セミナー&トーク/NZ写真展

2016年8月21日(日)、東京・新橋にて開催したNZ移住留学セミナー&トーク/NZ写真展のフォトギャラリーです。
 
 
ニュージーランド移住留学セミナー&トーク/NZ写真展の開催日時および開催都市
開催日 開催時間 開催都市 予約状況
8月21日(日) 13時~17時 東京 ・新橋 終了

 

セミナーフォトギャラリー

今回は移住留学セミナー後に、新進気鋭のNZ写真家をゲストを迎えトークセッションと写真展を行いました。

「不可能」は証明することができない

NZ移住留学セミナー。無事に終えることができました。
お越し頂いた皆様、素敵な時間をありがとうございました。
「ニュージーランド移住」を志している方々の前で、自分の経験や想いを伝えられる機会を頂けたこと、とても光栄に思います。このようなチャンスをくれた寺西尚樹さん、ダウンタウンデスク社の皆様、本当にありがとうございました。
 
寺西さんのお話でとても印象に残ったこと。せっかくなので、この場でお伝えさせてください。
ブログでも、セミナーでも実に”辛口親父”の寺西さん。でも、僕が思うに辛口なんじゃなくて、ありのままの現実を伝えているだけなんですね。いい加減な仕事をしてたら、あそこまで正直に物事は話せないと思うんです。
 
その中で一番印象に残ったお話は「できない」は証明できないということ。
確かに海外移住って簡単なことではありません。何かを始める時、一歩踏み出す時、「不安」と「期待」この2つは常にあると思います。
行動したことで生まれてきた「不安」とても素敵なことだと思います。
移住をしようとしなければ、この「不安」は現れることはありません。でも「不安」は向き合えば、「課題」に変わり、課題は必ず解決できる。だから逃げずに「不安」と向き合うこと。
そして「期待」つまりNZ移住する目的を忘れないこと。
移住を目指す上で、予期していなかったこと、嫌なこと、想定外のこと。必ずあると思うんです。その時に、「期待=目的」を忘れなければ、それらのこともきっと乗り越えられます。
逆にそれが達成されたときのワクワクとか動機がなければ、その目標は長続きしない。僕はそう思います。
 
「不安」と向き合う。
「期待」を忘れない。
 
世代を超えてのトークセッション。
このような方と一緒にお仕事ができたこと。本当に嬉しく思います。
そしてセミナーでお会いした方々と次はニュージーランドで再会できたら…最高にワクワクしますね
 

https://www.facebook.com/takuya.tomimatsuより一部抜粋

富松 卓哉

 

【トークショーを終えてお客様の感想】

「富松さんのムービーはとてもいいなぁと。リラックスしました。映像だけで十分伝わると思いました」
M・Yさん
「同じ地球にこんな場所があるんだと思いました」K・Tさん
「富松さんが仰っていた”不安=課題”であり解決のために動くのが大事という言葉が印象に残った」T・Kさん
「富松さんがNZで触れたこと、感じたことを聞いて自分もNZが好きで仕方がないことを思い出させてもらい、動画を観ていて泣きそうになりました」K・Fさん

 

最後は顔出しを快諾してくださったニュージーランド移住を志している皆さまと記念撮影!笑顔が素敵ですね!!

 

主催者後記

1年半のNZ滞在時に、NZ全国各地で撮りためた画像のスライドショーを流しながら旅のエピソードを落ち着いた語り口で話してくださった富松氏。
 
元々ニュージーランドに今ほどの強い思いはなく、カナダにワーホリに行こうかな、と思っていたらしいのですが、ニュージーランドを回る間にハマっていったという雰囲気が写真にもよく表現されてました。
 
「サラリーマン時代はブラック企業で働いたこともあり、心身ともに病みました」というシビアな話も含め、NZのライフスタイルを知った今では二度と東京でサラリーマンはしたくない、できないという富松氏の語りに多くの人が頷いて聞き入っていたのが印象的です。
 
移住や留学の厳しさと現実、日本的な依存や甘えが引き起こすネガティブな側面まで隠さず伝える僕の辛口トークとは対照的なソフトさ。それはそれで良いバランスだったのではと確信したイベントでした。
 

ニュージーランド移住&海外生活と留学のブログより一部抜粋

ダウンタウンデスク社

寺西尚樹

 

 

ご質問、お問い合わせは下記よりご連絡ください

お問い合わせ