2017年08月 オークランド親子留学/NZ小中高校留学セミナー&座談会

終了いたしました。

 

2017年8月13日(日)、近年増え続けているニュージーランド現地校留学へのお問い合わせにお応えすべく「オークランド親子留学/ニュージーランド小中高校留学セミナー&座談会」を東京港区の会場にて開催いたします。 

今回は、夏休みの日本に里帰り中の、ニュージーランド親子留学とオランダ親子留学(過去にニュージーランド留学経験有)の2組の母子がゲストスピーカーとして登場します!海外留学・ニュージーランド留学・母子留学体験者から生の声が聞けるチャンスですよ!!

ざっくばらんな雰囲気の中で現在進行形で親子留学を実践中の経験者と繰り広げる質疑応答は必聴です。この機会を逃しませんように。

高校生の交換留学や大学での留学が中心だった時代から、児童の段階で海外体験。留学を経験させようという親御さんが増えています。

留学といっても学校選びや手続きなどは準備の一部に過ぎません。

子供とともに留学する時に忘れてはならない国の選び方のヒント、大ざっぱな国単位の情報ではなく、都市別、生活エリア別の治安状況や生活の現実を知る必要があります。

その他にも、費用や滞在先など、事前準備や情報収集の段階で混乱しないだけの知識や段取りを学ぶためのセミナーです。

学校選びの基準や判断材料は何か? おびただしい情報の中からどうやって自分に必要で適した情報を集めるのか? ネットだけで探していると陥りやすいミスや間違いとは何か? 学校宣伝や資料を配布して、留学の良い面だけを伝えて学校宣伝をする『無料の留学説明会』ではありません。

検討』と『具体化』のための第一歩になるセミナーです。少しの勇気で未来への展望が具体化します。

以下のような方々を対象に開催します

  • 未就学児、小・中・高校生のお子様との留学を考えている方
  • 中・高校生の単独留学を考慮されている方
  • 高卒後に現地で高等機関に進学を考えている生徒および親御様
  • 大学を休学するなどして語学力や経験蓄積のための留学を考えている学生

セミナー内容

  • なぜ今ニュージーランド留学が人気なのか?
  • ニュージーランド留学について
  • 現地義務教育の仕組み、教育環境
  • 小学校の紹介、学校紹介ビデオ、先生方からのメッセージ
  • 中学校の紹介、在校留学生からの声、校長からのメッセージ
  • 高校の紹介、在校留学生の声、校長からのメッセージ
  • 不登校児が留学をするための道筋と体験談
  • 大半の人は出発前は英語力に自信がない、だからこそ留学する意義
  • 下見旅行は必要か、実行する場合のプラン案
  • 公立校か私立校か、それぞれのメリットデメリットと選択基準
  • シュタイナーなどの私立校に関して
  • 具体的な予算、学費、滞在費、その他生活費の目安
  • 現地画像/動画放映
  • 質疑応答

※順不同

 

参加特典

  • 親子留学・小中校留学マニュアル進呈
  • 本セミナーの翌週に期間限定開催される「NZ移住留学個別相談会@鎌倉」への無料参加予約

日時

  • 8月13日(日)13:00または14:00~3時間ほど

会場

  • 東京/港区周辺の貸切会議室使用

参加費

  • 7500円/一家族

参加費に含まれるもの

  • セミナー参加
  • 留学マニュアル資料
  • 学校パンフ等の資料
  • 後日の個別相談参加予約(90分間)

 

メインスピーカー

NZ移住留学デスク(Downtown Desk Ltd.)代表・寺西尚樹

1983年、大卒後、初期ワーキングホリデーでオーストラリアへ渡航し人生観が激変する。帰国後、オーストラリア再渡航のためにキャリアを構築。雑誌記者、PR会社でサラリーマン生活を経たのち退職、夫婦で北米・アジア・オセアニア等をバックパッカー旅。旅の最後にオーストラリアに移住、現地の老舗日本語新聞『日豪プレス』で就労ビザを獲得し従事する。その後、NZ永住権を取得しNZ初の本格日本語誌『月刊NZ』創刊に携わる。

NZで長男・長女を儲けたことで現地の教育事情に触れ、日本で義務教育を修了したことで両国の教育観や仕組みの違いを痛感する。

詳しくはコチラのブログをクリック!

 

セミナー参加者の体験談

2016年5月セミナー参加⇒2016年11月下見渡航 ⇒2017年3月渡航
(30代母:語学学校通学・娘:現地中学校通学中)

最初は中学生になる娘の単身現地校留学を考えておりましたが、親子での留学を考え始めたのが、このセミナーに参加したから。娘と一緒にNZで生活するなんてというのを実現できたのもセミナーや個別相談会で相談に乗ってもらったからです。下見渡航時には、色々なハプニングがありましたが、今思えばダウンタウンデスク社には感謝の言葉しかありません。親身にアドバイスしてくださり、どう対処すればいいのかを教えてくださいました。NZで生活するには、結局は自分で対処していかないといけないということにも気づかされました。海外移住というのは初めてのことですので、色々と不安があります。ダウンタウンデスク社の方々がいるということは安心感。これにつきますね。いつもありがとうございます。

Nさんのブログ:http://ameblo.jp/cocohamam/entry-12223656322.html

 

 
2015年11月セミナー参加⇒2016年8月下見渡航 ⇒2017年1月渡航
(40代母:ガーディアン 娘2人:現地小学校通学中)

以前、ワーホリでNZに滞在していたことがありいつか家族をその時のホームスティ家族に会わせたいと、2015年夏にその夢が実現。もともと海外で仕事をしてみたいと思っていた主人がNZを気に入り暮らしたいという話になりました。
そんな時に見つけたこちらのセミナー。セミナ-の内容を聞いて、そして個別相談で個々の相談をを聞いてもらい、すぐに渡航しよう!と計画。途中、資金面で挫折しかけましたが、セミナーやその時にお会いした方々から聞いたNZ教育の素晴らしさがどうしても気になり、子供2人の留学に2年間限定で私が付いていくことにしました。
昔、留学していたとはいえ、いざ生活、教育のこととなるとわからなことが多く、現地のことは現地の方に聞くのが一番早いし、信頼がありますのでダウンタウンデスクに申し込みをして良かったと思っております。いつも即答で丁寧な返答にとても安心しております。

 

NZ下見移住生活サポートプランコチラをご覧ください。

 

お申込み時の注意点

※1家族3名程度まで、5組程度で満席になりますので満席になり次第募集を締切りますことご了承ください

※会場の配置の関係上、一家族3名様までのご参加となりますが、席を必要としない乳幼児、ベビーカーでのご参加はその限りではございません

※これまで東京で開催している当社主催のセミナーは全て満席となり、毎回、定員に達した後にお申込みいただいた方々にはキャンセル待ちをしていただくこととなり、非常にご迷惑をおかけしております。 

※ご参加は完全予約制で参加費事前支払いのみとさせていただき、飛び入り参加や当日払いの参加はできません

※2日以内に返信します、未着の方は必ず迷惑フォルダの確認かドメイン受信設定をしてください

※その他、ダウンタウンデスクが主催するNZ移住留学セミナーへのお問い合わせはコチラよりご連絡ください。